船越かき小屋
「服部屋」のおきゅうと草

美味しい”おきゅうと”の作り方

服部屋おすすめ エゴノリ・ケボ草 おきゅうと、レシピ

草 服部屋 ケボ草 エボノリ 作り方 美味しい 食べ方 糸島 産 漁師飯

材料

  • エゴノリ・ケボ草 約100g
  • 水 5リットル
  • 酢 (大さじ3杯)

お好みに合わせて、

  • 細ネギ
  • ワサビ
  • すりごま
  • 追いかつおつゆ
ケボ草 おきゅうと 作り方 天然 糸島 産直 服部屋

①おきゅうと草

おきゅうと草(エゴノリ・ケボ草)

を、水でよく洗う。

水 おきゅうと 作り 服部屋

②沸騰したお湯へ

沸騰したお湯(約5リットル)の中に

①おきゅうと草(エゴノリ/ケボ草)を入れ酢(大さじ3杯)を加える。

草 ケボ草 おきゅうと作り方 糸島 服部屋

③中火でまぜながら

中火でかきまぜなから約1時間半~2時間炊く。

作り方 服部屋 糸島 美味しい 特産物 産直

④ザルで漉し

パットに、ザルで漉しながら流しいれる。

服部屋 作り方 糸島

⑤固まるまで待ちます。

そのまま固まるまで置いておく。

草 服部屋 ケボ草 エボノリ 作り方 美味しい 食べ方 糸島 産 漁師飯

⑥固まったら

固まったら、ところてん突きなど(なければ包丁)でお好みの大きさに切ってお召し上がりください。

服部屋大将おすすめ ”おきゅうと" レシピ

材料

・細ネギ ・ワサビ ・すりごま ・追いかつおつゆ

”おきゅうと”とは

おきゅうと おきゅうと草 ケボ エゴノリ 天然 博多 福岡 九州 漁師 手摘み おきゅうととは

福岡/博多を中心に食されている”おきゅうと”

「沖人」「お救人」、「浮太」、「沖独活」とも表記される事もあり、今から200年以上前の大飢饉の際に漁師が博多湾の海藻を煮詰めて固めて、頒布し、人々を飢えから救ったとの言い伝えから救う人から”お救人”や、漁師が偶然見つけた事から”沖人”と”おきゅうと”の名前の由来には沢山の諸節があります。

そんな福岡・博多で愛される”おきゅうと” さっぱりした味わいから、主に朝食のおかずとして食される事が多く福岡市内では毎朝行商人が売り歩いていた事がある位、地元福岡・博多のソウルフードとして人気な食材です。 また、朝食以外でも、居酒屋のお通し、お酒のおつまみとしても人気があります。

”ところてん”との違い。服部屋のおきゅうと草

糸島 焼き牡蠣小屋 服部屋 logo
“ところてん”と見た目、味が似ている事から違いが分かりにくい事もありますが、ところてんとの一番の違いは、原材料が違い”ところてん”は天草から作られるのに対して、”おきゅうと”はエゴノリ・ケボ草を原材料に作られます。 また”おきゅうと”独特の弾力、食感が、味も、”ところてん”とは、また違った”おきゅうと”独特の味わいとなります。 ”おきゅうと”の元となるエゴノリの不漁が1990年代から福岡県内で続いており、2000年代では石川県の輪島市などから仕入れられている事が多くなってきています。

服部屋のおきゅうと草/エゴノリは、福岡県の中でも糸島産のエゴノリに拘り糸島産天然100%エゴノリです。

服部屋の おきゅうと / ところてん(糸島産 エゴノリ・ケボ草・天草)

2

厳選 天然 エゴノリ おきゅうと 草

 

・九州 福岡県 糸島産 100% エゴノリ

・小鉢で約30杯分出来ます。

・低カロリー

3

船越 糸島 牡蠣小屋 天然 エゴノリ/ケボ草 おきゅうと 草

 

・九州 福岡県 糸島産 100% エゴノリ・ケボ草

・小鉢で約30杯分出来ます。

・低カロリー

服部屋 船越 糸島 牡蠣 小屋 人気 ところてん 天草 通販 福岡 九州

糸島 産 ところてん ( 天草 )

 

・九州 福岡県 糸島産 100% 天草

・小鉢で約30杯分出来ます。

 

共有:

Translate »