現在、日本人のほとんが、1日に摂取すべき野菜を摂れていないという事実をがあるとのことです。
生活習慣病の予防、健康な生活を維持するための目標値の中に「野菜類を1日350g以上食べよう」とあります。

なかなか、これだけの野菜類を毎日、食べるというのは難しいというのが本音ではないでしょうか。


野菜は「健康に良い」ことは知っているけれど、意識しなければなかなか十分に食べることができないことが、現実だと思います。
そんな慢性的な野菜不足の日本人の救世主となる存在が、青汁です。
昔は、苦い・まずいと言ったイメージのあった青汁ですが、服部屋の青汁は、本当に健康に良くて美味しく、品質の良いものを作りあげました。
お子様から、お年寄りまでだれでもおいしく飲んでいただきたいと作っています!!!

注目したいのは、アカモクに豊富な多糖類の作用です。多糖類とは、炭水化物の一種です。
炭水化物は、3種類に分けられ、単糖類、二糖類、多糖類からなります。

一つの糖からできていて、これ以上分解できないのが単糖類で、果物やハチミツなどの糖がこれに当たります。
二つの糖でできているのが二糖類で、砂糖や水あめなどが含まれます。

多糖類は、たくさんの糖が連結してできた物質です。

アカモクにも、多糖類の成分がたっぷり含まれていていますが、この成分がフコイダンです。
このフコイダンがアカモクには、モズクの2倍含まれているのです。

フコイダンとは、海藻のネバネバ成分です。
このぬめり成分が、激しい潮の流れや、外的刺激から海藻を守ったり、海面から出たときは、乾燥を防いだりと、海藻本体を守るバリアの役目をしています。

このフコイダンが体に入ってきた細菌やウイルスから身を守ってくれる免疫力を高める効果があるという報告がされています。

服部屋の海の青汁にはこのフコイダンがたっぷりたっぷり含まれています

hattoriya-uminoaojiru-nomikata

服部屋の海の青汁で健康維持、元気みなぎる毎日を送ってください

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です