夏の暑さでバテバテの身体を元気にする方法

暑い夏が体に堪えたという方。なんとなくだるさがとれない。

毎朝、起きるのがツラい。寝ても寝ても疲れが取れない。

免疫力が衰えることで、疲れに対抗できなってしまいます。

この調子で、秋を迎えると、たまった疲れが一気に噴き出し

自律神経が狂ったり、鬱な症状が出たり、体が悲鳴を上げるそうです。

「暑さ・温度差・紫外線」がストレスの原因になる

自律神経の機能低下は疲れに直結しています。本当ならば対応できるストレスに対応できなくなってしまいます。これが「夏バテ」です。夏の暑さが疲労を貯めてしまい、どんどん悪化する原因となっていることが多く、クーラーと外の気温差、紫外線などが大きな原因となっています。

夏の暑さの中、大量に汗をかいてしまいますが、汗をかくことで、一定の体温を保つことが出来ます。それを上手に行うために必要なものが自律神経であり、その自律神経が狂ってしまうことで夏バテを招いてしまいます。

エアコンでの室内調節は大切ですが、外と内の行き来により、体力が消耗していきます。エアコンの効いた部屋に長時間滞在することも、冷え過ぎというストレスによって自律神経が狂う原因にもなります。

夏の間に浴びた紫外線は皮膚や目から刺激を受け、それが脳に伝わることで自律神経の中の交感神経が働きます。これはストレスを感じた時に働く神経で、リラックスの時に働く副交感神経の反対のもので、交感神経が強く働くことで疲れたという気持ちになってしまいます。

大切な睡眠と栄養

免疫アップ!服部屋のアカモクフコイダン

疲労回復に最適なのはしっかりと睡眠をとることです。交感神経が強く働いた昼間の時間が長いほど、夜になっても興奮状態が抜けず、睡眠不足になることがあります。なるべく、寝る前にリラックスできる時間を作り、良い眠りに入ることを心がけてください。

栄養も大切です。食欲がない夏の間、冷たいものを飲んだり、食べたりしてしまうと、体の冷えから疲れを導いてしまいます。体に必要な栄養をしっかり摂ることを心がけることで、疲労の改善にもつながります。

栄養を摂ることが、大切なのはわかるけれど、しっかり考えて調理をする時間がない、簡単でないと続かない。

そんな方には、服部屋のアカモクフコイダンゼリーがおすすめです。

ひとつのスティックに栄養をギュッと詰め込んで、おいしさと栄養を簡単に取ることが出来ます。

服部屋が研究に研究を重ね、皆さんにお届けする健康宅配便です。

疲労がたまって抜けない。夏バテから秋バテに移行しそう。眠りが浅く、睡眠不足。

そんなお悩みのある方は、ぜひ、服部屋のアカモクフコイダンゼリーをお試しください!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です